スタンド看板の照明は抑えめにする

防水機能がついているスタンド看板を製作してもらう

外でスタンド看板を使用する場合は必ず防水機能がついている物を製作しなくてはなりません。なぜかと言いますと面倒な作業をしなくてはなりませんし、すぐに壊れてしまう可能性があるからです。屋根付きのアーケードの場合は防水の機能がついているスタンド看板では無くても良いようなイメージがありますが、雨が降った際は濡れてしまう傾向があります。直接濡れるのでは無く歩行者が持っている傘から水滴が飛んでくる場合もありますし、道路にある水溜まりの上を車が通過すると大量の水がスタンド看板にかかってしまう可能性もあります室内でしか使用をしない場合は問題ありませんが、外で使用をする場合は必ず防水希望がないと故障の原因になると覚えておきましょう。
防水の機能が無いスタンド看板の製作依頼をすると絶対に外では使用をしてはいけないのかと言いますとそうではありません。自分が細かく行動できるなら防水の機能がついている必要はありません。外で使用している際に突然雨が降ってきたらすぐに室内に入れるなど行動ができれば故障してしまう可能性はかなり少なくなるので問題無いでしょう。出したりしまったりするのが面倒な方は防水機能がついているスタンド看板の製作を依頼すると面倒な手間が省けます。

住宅街にある店にスタンド看板を設置する場合

住宅街の中に店がある場合はスタンド看板を製作してもらう際に注意しないといけない部分があります。それはあまりにも強いライトをつけたスタンド看板を製作してもらわない事です。夜まで営業をする予定がない店の場合は問題ありませんが、売り上げを少しでも多く稼ぐために夜まで営業をする人もいます。この場合はライトが強すぎると周りの住宅に迷惑をかけてしまう事になります。ライトをつけてはいけないと言う訳ではありませんが、あまり強くないライトでスタンド看板を製作してもらうようにしましょう。
弱いライトでスタンド看板を製作してもらうと店を目立たせる事ができないのではと考えてしまいますが、そうではありません。住宅街の場合は店が密集している場所よりも明かりが少ないので、弱いライトでも十分に店を目立たせる事ができます。ライトが弱いと最初は満足できない傾向がありますが、スタンド看板を設置して効果が出てくると不安は払拭されます。あまり強くないライトでスタンド看板を製作してもらいたいと伝えると、業者から強いライトをすすめられるケースもありますが、住宅街の中にある店だと伝えると納得して製作してくれるので進められた場合は伝えるようにしましょう。

PRESS RELEASE